小枝圭太 Keita Koeda
 
国立海洋生物博物館 台湾 The Kagoshima University Museum
日本学術振興会 海外特別研究員(PD) JSPS Research Fellow-PD

ホーム 研究 業績 写真 魚図鑑 リンク






-2017年4月16日更新-

【略歴】
  • 2009年3月
     琉球大学 理学部 海洋自然科学科 卒業

  • 2011年3月
     琉球大学大学院 理工学研究科 海洋自然科学専攻 博士前期課程修了

  • 2011年4月~2013年3月
     日本学術振興会 特別研究員(DC1)

  • 2013年3月
     琉球大学大学院 理工学研究科 海洋環境学専攻 博士後期課程短縮修了

  • 2013年4月~2014年3月
     日本学術振興会 特別研究員(PD)-琉球大学 理学部-

  • 2013年4月~2014年3月
     琉球大学 理学部 非常勤講師

  • 2014年4月~2017年3月(内定)
     日本学術振興会 特別研究員(PD)-鹿児島大学 総合研究博物館

  • 2015年4月~2017年3月
     鹿児島大学 総合研究博物館 ゲスト講師

  • 2015年4月~
     首都大学東京 客員研究員

  • 2017年4月~
     日本学術振興会 海外特別研究員 国立海洋生物博物館




【所属学会】
  • 日本魚類学会

  • 日本水産学会

  • 日本生物地理学会

  • 国際サンゴ礁学会-

【原著論文(査読あり)】
  • Koeda, K., H. Imai, T. Yoshino and K. Tachihara. 2010a. First and northernmost record of Pempheris oualensis (Pempherididae), from Ryukyu Archipelago, Japan. Biogeography, 12: 71-75.
  • Koeda, K., T. Yoshino, H. Imai and K. Tachihara. 2010b. Description of new Japanese and northernmost records of a pempherid fish, Pempheris vanicolensis, from Iriomote Island, southern Ryukyu Archipelago. Biogeography, 12: 77-82.
  • 小枝圭太,吉野哲夫,立原一憲. 2012. 沖縄島から採集されたツマグロハタンポPempheris japonicaの初記録および南限記録とその稚魚の成長過程.日本生物地理学会誌会報.67号:67-73.
  • Koeda, K., Ishihara, T. and Tachihara, K. 2012. The Reproductive Biology of Pempheris schwenkii (Pempheridae) on Okinawa Island, Southwestern Japan. Zoological studies. 51(7): 1086-1093

  • Koeda, K., Yoshino, T. and Tachihara, K. 2013. Pempheris ufuagari sp. nov., a new species in the genus Pempheris (Perciformes, Pempheridae) from the oceanic islands of Japan. Zootaxa. 3609 (2): 231-238.

  • Koeda, K., Fukagawa, T. and Tachihara, K. 2013. Reproductive biology of nocturnal fish Pempheris adusta (Pempherididae) on Okinawa Island, Japan. Proceedings of 2nd Asia Pacific Coral Reef Symposium. Garaxea. 15: 221-228.

  • Jawad, L.A. and Koeda, K. 2013. Records of Pempheris schwenkii Bleeker (1855) and Pempheris mangula Cuvier (1829) from the Omani waters. Journal of Applied Ichthyology. 29 (6): 1378-1379.

  • 小枝圭太,吉野哲夫,立原一憲. 2013. リュウキュウハタンポの識別的特徴と用いるべき学名. 日本魚類学雑誌. 60巻2号:123-128.

  • 小枝圭太, 藤井琢磨, 吉野哲夫. 2014. 沖縄島で採集された日本初記録のヒカリキンメダイ科オオヒカリキンメPhotoblepharon palpebratum. 日本魚類学雑誌. 61巻1号: 27-31

  • Koeda, K., Yoshino, T., Imai H. and Tachihara, K. 2014. A review of the genus Pempheris (Perciformes, Pempheridae) of the Red Sea, with description of a new species, Zootaxa, 3793: 301-330

  • Koeda, K., Tsuzaki, K., Hayashida, N., Tachihara, K.2014. First records of two rare snappers, Lutjanus madras and L. dodecacanthoides, from Okinawan waters, Fauna Ryukyuana, 14: 1-6

  • Koeda, K., Chiba, N. S. and Motomura, H. 2015 First Japanese Specimen-based Record of Liopropoma tonstrinum (Teleostei: Serranidae), from Minami-daito Island, Daito Islands, southern Japan. Species Diversity, 20: 19-22

  • Koeda, K. and Fuji, T.. 2015. Records of the Pughead Pipefish, Bulbonaricus brauni (Gasterosteiformes: Syngnathidae), from Amami-oshima island, central Ryukyu Archipelago, southern Japan. South Pacific Studies, 36(1): 33-38

  • Koeda, K. and Tachihara, K. 2015. Records of the Spotbase Burrfish, Cyclichthys spilostylus (Tetraodontiformes: Diodontidae), from Okinawa-jima island, Japan. Fauna Ryukyuana, 25: 1-5

  • 小枝圭太, 鏑木紘一, 本村浩之. 2015. 薩南諸島広域から採集されたハタンポ科ユメハタンポPempheris oualensisの記録.日本生物地理学会会報, 70: 275-282

  • Motomura, H., Habano, A., Arita, Y., Matsuoka, M., Furuta, K., Koeda, K., Yoshida, T., Hibino, Y., Jeong, B., Tashiro, S., Hata, H., Fukui, Y., Eguchi, K., Inaba, T., Uejo, T., Yoshiura, A., Ando, Y., Haraguchi, Y. Senou, H. and Kuriiwa, K. 2016. The ichthyofauna of the Uji Islands, East China Sea: 148 new records of fishes with notes on biogeographical implications. Memoirs of Faculty of Fisheries Kagoshima University, 65: 10-34.

  • 西村美桜, 小枝圭太,立原一憲. 2016.慶良間諸島渡嘉敷島近海から得られたカケハシハタEpinephelus radiatusの大型個体.Fauna Ryukyuana, 29: 5-9.

  • Koeda, K., Ishihara, T., Fukagawa, T. and Tachihara, K. 2016. Life cycle differences between two species of genus Pempheris based on age determination around Okinawa-jima Island. Ichthyological Research, 63: 519-528.

  • Yoshida, T., Koeda, K. and Motomura, H. 2016. First Japanese Specimen-based Records of Cypho zaps (Perciformes: Pseudochromidae) from Yonaguni-jima Island, the Yaeyama Islands. Species Diversity, 21: 171-175.

  • 小枝圭太. 2016. 小笠原諸島のハタンポ科魚類相. 日本生物地理学会会報, 71: 137-149.
  • Koeda, K., Maekawa, T., Wada, H. and Motomura, H. 2016. Records of the Orange Goatfish, Mulloidichthys pflugeri (Teleostei: Mullidae), from Amami-oshima and Yonagunijima islands in the Ryukyu Archipelago, southern Japan. South Pacific Studies, 37 (1): 1-8

  • 小枝圭太, 興 克樹, 米沢俊彦, 久米 元. 2016. 奄美大島において記録的大寒波到来時の越冬が確認された外来魚グリーンソードテールXiphophorus heller. 鹿児島大学水産学部紀要, 65: 21-26.
  • Koeda, K., Fujii, T., Koeda, S. and Motomura, H. 2016. Fishes of Yoro-jima and Uke-jima islands in the Amami Islands: 89 new specimen-based records. Memoirs of Faculty of Fisheries Kagoshima University, 65: 1-20.
  • 小枝圭太,秋田雄一. 2017. 与那国島から採集された日本初記録のウツボ科魚類Gymnothorax breedeniハチモンジウツボ(新称). 魚類学雑誌,64(1): 31-35.

  • Koeda, K. and Motomura, H. 2017. A new species of Pempheris (Perciformes: Pempheridae) endemic to the Ogasawara Islands, Japan. Ichthyological Reseach, 65: 21–28. (published online first: DOI: 10.1007/s10228-017-0586-3)

  • Koeda, K., Yoshida, T. and Motomura, H. 2017. First Japanese and northernmost distributional record of Pseudoplesiops immaculatus (Perciformes: Pseudochromidae, Pseudoplesiopinae) from the Tokara Islands. Biogeography, 19: 55-60.

  • Koeda, K. and Hibino, Y. First Japanese Record of Uropterygius fasciolatus (Muraenidae: Uropterygiinae) Collected from Yonaguni-jima Island, Ryukyu Archipelago. Species Diversity, 22: 207-211.

  • Koeda, K. and Ho, H.-C. A new record of the genus Lophotus (Lampridiformes: Lophotidae) in Taiwan. Platax, 14: 55-61. (In print)

  • Koeda, K. and Ho, H.-C. Records of rare scabbardfish (Perciformes: Trichiuridae) from southern Taiwan. Platax, 14: 96-102. (In print)

  • Koeda, K. and Akita, Y. Illustrated list of additions to the ichthyofauna of Yonaguni-jima Island, the westernmost island of Japan: 37 new specimen-based records from the island. Fauna Ryukyuana, 41: 1-9.

  • Nakae, M., Motomura, H., Hagiwara, K.,Senou, H., Koeda, K., Yoshida, T., Tashiro, S., Jeong, B., Hata, H., Fukui, Y., Fujiwara, K., Yamakawa, T., Aizawa, M., Shinohara, G. and Matsuura, K. 2018. An Annotated Checklist of Fishes of Amami-oshima Island, the Ryukyu Islands, Japan. Memoirs of the National Museum of Nature and Science, Tokyo, 52: 205-361.

  • Koeda, K. and Ho, H.-C. A new Taiwanese and northern most record of Cephalopholis cyanostigma (Perciformes: Serranidae). Acta Ichthyologica et Piscatoria (2018), 48(1): 75-78.

  • 小枝圭太. 2018. 奄美群島加計呂麻島から得られた日本初記録のウツボ科魚類Uropterygius xanthopterus カケロマキカイウツボ(新称). 魚類学雑誌, 65 (1): 21-25.

  • 小枝圭太,本村浩之. 2018. トカラ列島平島から採集されたイボオコゼ科の稀種ヒゲモジャオコゼ:3個体目の記録,北限記録,および生鮮時の色彩の初確認. 魚類学雑誌, 65 (1): 91-95.DOI: 10.11369/jji.18–004

  • Koeda, K., Fujii, T. and Motomura, H. 2018. A new garden eel, Heteroconger fugax (Congridae: Heterocongrinae),from the northwestern Pacific Ocean. Zootaxa, 4418(3): 287-295.DOI: 10.11646/zootaxa.4418.3.6

  • Wibowo, K., Koeda, K., Muto, N. and Motomura, H. 2018. Abudefduf nigrimargo, a new species of damselfish (Perciformes: Pomacentridae) from Taiwan. Ichthyological Research. DOI: 10.1007/s10228-018-0634-7

  • Koeda, K. and Ho, H.-C. 2018. A first Taiwanese and northern most records of Plectorhinchus polytaenia (Perciformes: Haemulidae). Acta Ichthyologica et Piscatoria. (In print)

  • Koeda, K. and Ho, H.-C. 2018. First Taiwanese records of the Long-barbel goatfish Parupeneus macronemus (Perciformes: Mullidae), with northernmost record in the Pacific Ocean. Acta Ichthyologica et Piscatoria. (In print)

  • Koeda, K., Koizumi, S. and Hata, H. 2018. First records of the Razorback Scabbardfish, Assurger anzac (Trichiuridae: Perciformes), from southern Japanese waters. Fauna Ryukyuana. (Accepted)

【原著論文(査読なし)】
  • 小枝圭太, 畑 晴陵, 本村浩之. 2015. 鹿児島県内之浦湾から得られたユキフリソデウオZu cristatus. Nature of Kagoshima, 41: 31-35

  • 小枝圭太, 本村浩之. 2015. 種子島とトカラ列島から得られたハナハタCephalopholis aurantiaの北限記録. Nature of Kagoshima, 41: 47-52

  • 小枝圭太, 本村浩之. 2015. チカメタカサゴPinjalo pinjaloの日本における成魚2個体目の記録. Nature of Kagoshima, 41: 107-110

  • 小枝圭太, 前川隆則, 本村浩之. 2015. 奄美大島から得られたシマチビキPristipomoides zonatus. Nature of Kagoshima, 41: 111-114

  • 畑 晴陵, 小枝圭太, 本村浩之. 2015. 奄美大島から得られたフエフキダイ科魚類ミンサーフエフキLethrinus ravus. Nature of Kagoshima, 41: 129-132

  • Motomura, H., Habano, A., Arita, Y., Matsuoka, M., Furuta, K., Koeda, K., Yoshida, T., Hibino, Y., Jeong, B., Tashiro, S., Hata, H., Fukui, Y., Eguchi, K., Inaba, T., Uejo, T., Yoshiura, A., Ando, Y., Haraguchi, Y. Senou, H. and Kuriiwa, K. 2016. The ichthyofauna of the Uji Islands, East China Sea: 148 new records of fishes with notes on biogeographical implications. Memoirs of Faculty of Fisheries Kagoshima University, 65: 10-34

  • 小枝圭太, 栗岩 薫, 千葉 悟. 2016. 小笠原諸島から得られたキイロハギの色彩変異個体の記録. Ogasawara Research, 42: 1-8
  • 伊東正英, 小枝圭太, 本村浩之. 2016. 九州初記録のウミテング科ヤリテングPegasus volitans. Nature of Kagoshima, 42: 113-117

  • 小枝圭太, 伊東正英, 本村浩之. 2016. 九州初記録のCentriscus scutatus. Nature of Kagoshima, 42: 119-122

  • 畑 晴陵, 小枝圭太, 鏑木紘一, 高山真由美, 本村浩之. 2016. 鹿児島県から得られたハタ科3種:サラサハタ,アカマダラハタ,およびオオスジハタ. Nature of Kagoshima, 42: 147-156

  • ジョン ビョル,中江雅典,小枝圭太, 本村浩之. 2016. フエダイ科タテフエダイLutjanus vittaの奄美大島からの記録. Nature of Kagoshima, 42: 213-217

  • 小枝圭太,前川隆則,本村浩之.2016.奄美大島から得られたシモフリフエフキLethrinus lentjanの北限記録.Nature of Kagoshima, 42: 259-263

  • 上城拓也,小枝圭太,本村浩之.2016.鹿児島県初記録のニベ科魚類クログチ.Nature of Kagoshima, 42: 265-268

  • 小枝圭太,本村浩之.2016.琉球列島から初めて採集されたダイダイヤッコCentropyge shepardi. Nature of Kagoshima, 42: 275-278

  • 小枝圭太,岩坪洸樹,本村浩之.2016.奄美群島喜界島から得られたヒマワリスズメダイChromis analis. Nature of Kagoshima, 42: 289-292

  • 福井美乃,小枝圭太, 本村浩之.2016.標本に基づくヒノマルテンス(ベラ科)の奄美大島と加計呂麻島からの記録,および成長に伴う形態変化に関する知見.Nature of Kagoshima, 42: 293-298

  • 小枝圭太,本村浩之.2016.下甑島と奄美大島から得られたキツネブダイHipposcarus longicepsの分布北限記録および性的二型に関する知見. Nature of Kagoshima, 42: 299-304

  • 小枝圭太, 本村浩之.2016.奄美大島から得られたヒフキアイゴSiganus (Lo) unimaculatusの標本に基づく北限記録. Nature of Kagoshima, 42: 315-320

  • 小枝圭太, 興 克樹,本村浩之. 2016. 奄美大島から得られたマンボウ科の稀種ヤリマンボウMasturus lanceolatus. Nature of Kagoshima, 42: 339-342

  • 中村潤平,小枝圭太,畑 晴陵,本村浩之.2017.鹿児島県本土初記録のニセゴイシウツボGymnothorax isingteena. Nature of Kagoshima, 43: 17-21

  • 畑 晴陵, 小枝圭太,本村浩之.2017.鹿児島県内之浦湾から得られたハモ科魚類ハシナガアナゴ. Nature of Kagoshima, 43: 27-30

  • 小枝圭太, 山田守彦,本村浩之.2017.内之浦湾から得られた九州沿岸初記録のセンネンダイ. Nature of Kagoshima, 43: 137-140

  • 小枝圭太, 木村祐貴, 本村浩之. 2017. 口永良部島から採集されたクダゴンベOxycirrhites typus (Bleeker, 1857)の記録. Nature of Kagoshima, 43: 181-184

  • 小枝圭太, 畑 晴陵, 前川隆則, 本村浩之.2017.奄美大島から得られた分布北限記録のシロオビブダイ. Nature of Kagoshima, 43: 207-210

  • 小枝圭太, 本村浩之. 2017. 鹿児島大学総合研究博物館に所蔵されている胃内容物魚類標本. Nature of Kagoshima, 43: 257-269

【書籍】
  • Koeda, K., Hibino, Y., Yoshida, T., Kimura, Y., Miki, R., Kunishima, T., Sasaki, D., Furukawa, T., Sakurai, M., Eguchi, K., Suzuki, H., Inaba, T., Uejo, T., Tanaka, S., Fujisawa, M., Wada , H., Uchiyama, T. 2016. Annotated checklist of fishes of Yonaguni-jima island, the westernmost island in Japan. Kagoshima University Museum, Kagoshima. v + 120 pp.

  • Koeda, K. 2017. Families Centriscidae, Ambassidae, Mullidae, Pempheridae; Koeda, K. and Manjaji-Matsumoto, M. Family Pristiophoridae, Pristiophorus lanae; Koeda, K. and Motomura, H. 2017. Upeneus tragula. In: Commercial and Bycatch Market Fishes of Panay Island, Republic of the Philippines (Motomura, H., Alama, U.B., Muto, N., Babaran, R.P., Ishikawa, S. eds.). The Kagoshima University Museum, Kagoshima, University of the Philippines Visayas, Iloilo, and Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto. 246 pp, 911 figs

  • 小枝圭太 2017.ヌタウナギ科・フリソデウオ科・イットウダイ科・ヒウチダイ科・マツカサウオ科・マトウダイ科・アマダイ科・ギンカガミ科・フエダイ科・タカサゴ科・クロサギ科・イトヨリダイ科・タイ科・フエフキダイ科・ヒメジ科・ハタンポ科・チョウチョウウオ科・タカベ科・イシダイ科・ウバウオ科・アイゴ科・ツノダシ科・ニザダイ科. In: 火山を望む深き麑海 鹿児島湾の魚類 (岩坪洸樹・本村浩之編). 鹿児島大学総合研究博物館. 302 pp.

  • 木村祐貴, 日比野友亮, 三木涼平, 峯苫 健, 小枝圭太(編).2017.緑の火山島 口永良部島の魚類.鹿児島大学総合研究博物館,鹿児島市. 200 pp.

  • 小枝圭太, 畑 晴陵, 山田守彦, 本村浩之(編).2018.黒潮あたる鹿児島の海 内之浦漁港に水揚げされる魚たち.鹿児島大学総合研究博物館,鹿児島市.520 pp.,1059 figs.

  • 小枝圭太 2018.ヘコアユ科・カミソリウオ科・ハタンポ科・ゴンベ科.In: 奄美群島の魚類 (本村浩之・萩原清司・瀬能 宏・中江雅典(編). 鹿児島大学総合研究博物館,鹿児島市,横須賀市自然・人文博物館,横須賀市,神奈川県立生命の星・地球博物館,小田原市,国立科学博物館,つくば市. 414 pp.

【報告書等】
  • 小枝圭太, 吉田朋弘, 田代郷国, 本村浩之. 2015. 屋久島と種子島の魚類相調査. 南太平洋海域調査研究報告, 56: 41-44

  • 小枝圭太. 2015. 東奔西走のハタンポ研究.鹿児島大学総合研究博物館news letter, 37: 19-23

  • 吉田朋弘, 畑 晴陵, 小枝圭太, ジョン ビョル, 本村浩之. 受理. 奄美大島の魚類相調査, 南太平洋海域調査研究報告

【研究費】

2009年
  • 琉球大学後援財団「教育研究奨励事業」:ハタンポ属魚類の分類学的再検討

  • 教育研究高度化のための支援体制整備事業-太平洋サンゴ礁島嶼学教育研究拠点形成-「公募研究助 成」:サンゴ礁浅海域に生息する夜行性魚類が生態系に果たす役割

2010年
  • 琉球大学-アジア太平洋域の大学院学生の国際連携教育-:The maturation of the two Pempheris (Pempherididae) species, the common nocturnal coral reef fish, from Ryukyu Archipelago.

  • 琉球大学-アジア太平洋域の大学院学生の国際連携教育-:タイに生息するハタンポ属魚類の分類学的 研究

2011-2013年
  • 日本学術振興会研究費補助金 (特別研究員奨励費, DC1:23-2553):サンゴ礁生態系における夜行性魚 類ハタンポ属の生活史と生態学的役割の進化

2012年
  • アジア太平洋域における大学院学生の国際連携教育プログラム-ダブルディグ リープログラムなどの 推進-:オーストラリア・ニュージーランドにおけるハタンポ属魚類の分類学的研究

2014-2017年
  • 日本学術振興会研究費補助金 (特別研究員奨励費, PD:26-477):夜行性魚類ハタンポ属の分類学的再検討および形態、分布、生活史の進化

2017-2019年
  • 日本学術振興会 (海外特別研究員奨励費: 29-304):黒潮流域を舞台にした海産魚類相および生態変化の時空間モデルの構築

【国際学会における発表】
  • Koeda, K. and Tachihara, K. Differences of the reproductive strategies between two Pempheris (Pempherididae) species, common nocturnal coral reef fish, from the Ryukyu Archipelago. 2nd Asia Pacific Coral Reef Symposium. MS15-7, Phuket, Thailand. June, 2010.(口頭 発表)

  • Koeda, K., Fukagawa, T., Ishihara, T. and Tachihara, K. Life cycles of two Pempheris species, common nocturnal coral reef fish, in Okinawa Island. The 8th International Workshop on the Oceanography and Fisheries Sciences of the East China Sea. SS1B- 7, Okinawa, Japan. November, 2011.(口頭発表)

  • Koeda, K., Fukagawa, T. and Tachihara, K. Do Butterflyfish maintain their partner for a life time? 12th International Coral Reef Symposium. Cairns, Australia. July, 2012.(口頭 発表)

  • Koeda, K., Yoshino, T., Imai, H. and Tachihara, K. Suggestion for division the genus Pempheris. Okinawa Workshop, 2013 -Links between Hawai’i and Okinawa: Marine biology spanning the Pacific-. Okinawa, Japan. 23, June 2013.(ポスター発表)

  • Koeda, K., Yoshino, T., Imai, H. and Tachihara, K. A review of the genus Pempheris (Pempheridae) from Indo-Pacific Ocean. 9th Indo-Pacific Fish Conference. Okinawa, Japan. 26, June 2013.(口頭発表)

  • ○Koizumi, S., Koeda, K., and Tachihara, K. Age and growth of two lionfishes, Dendrochirus zebra and Pterois volitans, around Okinawa-jima Island. 9th Indo- Pacific Fish Conference, Okinawa, Japan. June 2013.(口頭発表)

  • Koeda, K., Yoshino, T., Imai, H. and Tachihara, K. Molecular phylogeny and scale morphology in the genus Pempheris. Symposium on Systematics and Diversity of Fishes. Tokyo, Japan. 6, July 2013.(ポスター発表)

  • ○Koeda, K., Koizumi, S., Touma, H., Tachihara, K. Ecological impacts of nocturnal reef fish in the coral reef ecosystems: the nighttime migration and behavior of the sweepers. 3rd Asia Pacific Coral Reef Symposium, Kenting, Taiwan. 24, June, 2014(口頭発表)

  • ○Koeda, K., Ghaffer, M. A., Archad, A., Giat S. Y., Kadir, S. T. S. A., Ramasamy, A. M. A., Ibrahim, Y. S., Nakae, M., Muto, N., Yoshiura, A., Matsuo, R., Kimura, S. and Motomura, H. Fish species diversity around Bidong Island off Terengganu, Peninsular Malaysia. Asian CORE-COMSEA Seminar on Coastal Ecosystems in Southeast Asia. 24-26, February, 2016(ポスター発表)

  • ○Koeda, K., Hibino, Y., Yoshida, T., Kimura, Y., Miki, R., Kunishima, T., Sasaki, D., Furukawa, T., Sakurai, M., Eguchi, K., Suzuki, H., Inaba, T., Uejo, T., Tanaka, S., Fujisawa, M., Wada , H., Uchiyama, T. 2016 Annual meeting of the Ichthyological Society of Taiwan and the Asian Society of Ichthyologists. 18-21, May, 2016(口頭発表)

【国内学会における発表】
  • 小枝圭太,立原一憲.沖縄島におけるミナミハタンポの年齢と成長,成熟.平成21年度日本 水産学会秋季大会.岩手県盛岡市.2009年9月.(口頭発表)

  • 小枝圭太,立原一憲.沖縄島におけるハタンポ属2種の比較.平成21年度日本魚類学会年会 .東京都.2009年10月.(口頭発表)

  • 小枝圭太,吉野哲夫,今井秀行,立原一憲. 沖縄島および西表島から採集されたハタンポ属 の未記載種. 平成22年度日本魚類学会年会.No. 15. 三重県津市.2010年9月.(口頭発表)

  • 小枝圭太,吉野哲夫,今井秀行,立原一憲. 日本沿岸域におけるハタンポ属魚類の分布. 平 成23年度日本魚類学会年会.No. 101. 青森県弘前市.2011年9月.(ポスター発表)

  • 小枝圭太,深川剛宣,石原大樹,立原一憲.ハタンポ属魚類の生活史からみる夜行性魚類特 有の繁殖生態.シンポジウム「沖縄における水棲動物生殖の基礎と応用」.沖縄県本部町.2011年12月. (口頭発表)

  • 小枝圭太,吉野哲夫,立原一憲. 南大東島および小笠原諸島から採集されたハタンポ科ハタ ンポ属の1未記載種. 平成24年度日本魚類学会年会.山口県下関市.2012年12月.(口頭発表)

  • 小枝圭太,吉野哲夫,立原一憲. インド洋におけるハタンポ属の分類学的再検討. 平成25年 度日本魚類学会年会.宮崎県宮崎市.2013年10月.(口頭発表)

  • 小枝圭太,○藤井琢磨. 沖縄島の水深1 mで採集された日本初記録のヒカリキンメダイ科魚類 Photoblepharon palpebratumの行動および成熟生態. 第16回日本サンゴ礁学会年会.沖縄県恩納村 .2013年12月.(ポスター発表)

  • 小枝圭太,今井秀行,立原一憲. ミナミハタンポにみられる体色変異2タイプの分子系統関係と遺伝的集団構造. 2014年度日本水産学会秋季大会. 福岡県福岡市. 2014年9月. (口頭発表)

  • 小枝圭太,吉野哲夫,今井秀行,立原一憲. ミトコンドリアDNA塩基配列と形態比較に基づくハタンポ科魚類の系統分類学的研究. 2014年度日本魚類学会年会 . 神奈川県小田原市. 2014年11月. (口頭発表)

  • ○小泉翔平, 小枝圭太,立原一憲. 沖縄島周辺に生息するタチウオ属2種の性的二型. 2014年度日本魚類学会年会. 神奈川県小田原市. 2014年11月.(ポスター発表)

  • ○櫻井もも子, 小枝圭太,立原一憲. フトツノザメの成熟と胎内発生. 2014年度板鰓類シンポジウム. 東京都. 2014年12月.(ポスター発表)

  • 小枝圭太,小泉翔平,立原一憲. 夜行性魚類がサンゴ礁生態系において果たす役割:ハタンポ属は夜にどこで何をしているか?第26回魚類生態研究会. 宮崎県延岡市. 2015年2月. (口頭発表)

  • 小枝圭太,高山真由美,鮫島翔太, 今井秀行, 立原一憲, 本村浩之. 種子島から得られた日本初記録のヒメジ科ウミヒゴイ属魚類およびオオスジヒメジにみられる2型. 2015年度日本魚類学会年会. 奈良県奈良市. 2015年9月. (口頭発表)

  • 小枝圭太,日比野友亮, 吉田朋弘, 木村祐貴, 三木涼平, 國島大河, 笹木大地, 古川享尚, 櫻井もも子, 江口慶輔, 鈴木 啓, 稲葉智樹 啓, 上城拓也, 田中咲妃, , 藤澤美咲, 和田英敏, 内山鉄平. 与那国島における魚類研究のこれまでと5大学合同でおこなわれた魚類相調査. 第27会魚類生態研究会. 鹿児島県鹿児島市. 2016年2月. (口頭発表)

  • 小枝圭太,日比野友亮, 吉田朋弘, 木村祐貴, 三木涼平, 國島大河, 笹木大地, 古川享尚, 櫻井もも子, 江口慶輔, 鈴木 啓, 稲葉智樹 啓, 上城拓也, 田中咲妃, , 藤澤美咲, 和田英敏, 内山鉄平. 日本最西端の島:与那国島の魚類相. 2016年度日本魚類学会年会. 岐阜県岐阜市. 2016年9月. (ポスター発表)

  • 小枝圭太,立原一憲,本村浩之.2017.鹿児島県におけるハタンポ属魚類の産卵期と年齢:緯度の違いは生活史に現れるか?第28回魚類生態研究会.長崎県長崎市.2017年2月.(口頭発表)

【賞与等】
  • 博士前期課程「学長賞」、2011年3月

【その他】
  • 課外授業の実施:沖縄市立 美東小学校(2013年3月)

  • 研究成果の公開:琉球新報に掲載「目の下光るオオヒカリキンメ 真栄田沖で確認」(2014年6月)

  • 研究成果の公開:沖縄タイムスに掲載「国内初オオヒカリキンメ 真栄田沖で北限更新」(2014年6月)

  • 課外授業の実施:種子島西之表市サイエンスキャンプ(2014年7月)

  • 一般向け雑誌:磯・投げ情報にコラム掲載「海のなんでだろう第56回 不思議な魚、ハタンポ」(2014年11月)

  • 企画展の補助:群馬県立自然史博物館 第47回企画展「闇夜の動物たち」(写真・解説文を提供)((2015年3月)

  • 企画展の実施:鹿児島大学総合研究博物館 企画展「花-眼差しのあいだ2015」(2015年3月)

  • メディア出演:FM奄美 夕方フレンド 鹿児島大学奄美分室を訪問中の研究員として出演(2015年5月)

  • 研究成果の公開:琉球新報に掲載「ハナスズキの一種 南大東近海で発見」(2015年6月)

  • 一般向け講演の実施:第3回 奄美分室で語りましょう(島嶼研勉強会)にて講演(2015年6月)

  • メディア出演:FM奄美 夕方フレンド 鹿児島大学奄美分室を訪問中の研究員として出演(2015年6月)

  • 一般向け講演の実施:奄美群島請島 請阿室区主催、鹿児島県大島支庁農政課後援の地域講習会~豊かな奄美群島の海の話にて講演(2016年5月)

  • アウトリーチ用ポスター2000枚を作製し配布:奄美大島 市場の魚100種①②(2017年1月)

  • アウトリーチ用ポスター800枚を作製し配布:種子島 市場の魚(2017年3月)

  • ボランティア:鹿児島大学総合研究博物館にて魚類標本の作成、管理方法の指導(2014年5月~2017年3月:毎週水曜日)

【これまでの調査実績】
2008年
  • 9月4-9日 西表島(魚類相調査)

2009年
  • 3月15~19日 石垣島(魚類採集)
  • 3月31日~4月9日 東港、墾丁、台北(台湾)(魚類採集)
  • 8月26日~9月11日 パリ-MNHN(フランス)(標本調査)
  • 11月9~11日 西表島(魚類採集)

2010年
  • 2月28日~3月2日 高知県室戸岬(魚類採集)
  • 6月19日~7月3日 プーケット、タオ島、サメット島(タイ)(学会発表)
  • 8月11日~13日 奄美大島(魚類採集)
  • 9月4~13日 台東、緑島(台湾)(魚類採集・授業)
  • 9月19~26日 白浜、那智勝浦、和具、津(学会発表・魚類採集)
  • 10月16日~11月1日 プーケット-PMBC、タオ島(タイ)(魚類採集)
  • 11月29日~12月4日 東京-ZUMT、NSMT(標本調査)
  • 12月28日 京都-FAKU(標本調査)

2011年
  • 1月23~25日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 2月26日~3月10日 ニャチャン、ファンティエット(ベトナム)(魚類採集)
  • 5月31日~8月15日 コルカタ-ZSI(インド)、パリ-NMHN(フランス)、ベルリン-ZMB、ハンブルク-ZMH、シュトゥットガルト-SMNS(ドイツ)、ライデン-RMNH(オランダ)、ロンドン-BMNH(イギリス)、シカゴ-FMNH、ニューヘイブン-YPM、ワシントンD.C.-USNM、ホノルル-BPBM(アメリカ)(標本調査)
  • 9月29日~10月13日 弘前(学会発表)

2012年
  • 1月17~24日 南大東島、北大東島(魚類採集)
  • 5月2~13日 神奈川-KPM(標本調査)
  • 5月17~20日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 5月16~17日 阿嘉島(魚類採集)
  • 7月6日~8月30日 ケアンズ、シドニー-AMS、パース-WAM(オーストラリア)、オークランド-AIM、クライストチャーチ-CMC(ニュージーランド)(標本調査)
  • 9月20日-10月3日 下関(学会発表)
  • 10月23~25日 宮古島と沖縄島の間(図南丸に乗船)(魚類採集)
  • 10月31日~11月12日 ライデン-RMNH(オランダ)(標本調査)
  • 12月10~16日 アパリ、サンタアナ、マニラ(フィリピン、ルソン島)(魚類採集)

2013年
  • 2月27日~3月12日 グアム島(グアム)、コロール島など(パラオ)(魚類採集)
  • 7月16~27日 西表島、石垣島、波照間島、与那国島(魚類採集)
  • 8月6日~15日 小笠原諸島父島(魚類採集)
  • 8月28~31日 南大東島(魚類採集)
  • 9月25日~29日 鳩間島、石垣島(魚類採集)
  • 10月2日~10日 宮崎、鹿児島(学会発表・標本調査)
  • 11月22~25日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 12月2~10日 東港、高雄、台北(台湾)(魚類採集)

2014年
  • 1月26日~30日 南大東島(魚類採集)
  • 2月22日~24日 石垣島(魚類採集)
  • 4月14~21日 西表島、石垣島、多良間島(魚類採集)
  • 6月8日~14日 種子島(魚類相調査)
  • 6月21~27日 墾丁(台湾)
  • 7月5日~11日 南大東島(魚類相調査)
  • 7月12日~22日 沖縄島(データ解析)
  • 7月29日~31日 種子島(魚類採集)
  • 8月21日~26日 口永良部島・種子島
  • 8月29日~9月4日 中之島(魚類相調査)
  • 9月16日~18日 種子島(魚類相調査)
  • 9月19日~21日 福岡市(学会発表)
  • 9月29日~10月3日 徳之島(魚類相調査)
  • 10月7~8日 種子島(魚類採集)
  • 10月10日~20日 沖縄島(データ解析)
  • 11月13日~21日 神奈川県小田原市、群馬県高崎市、千葉県千葉市・勝浦市(学会発表・標本調査)
  • 11月21日~25日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 12月10日~11日 種子島(魚類採集)
  • 5月以降は毎月1~3日 肝付町内之浦(魚類採集・魚類相調査)

2015年
  • 1月30~2月8日 神奈川県横須賀市(標本調査)
  • 2月14日~15日 宮崎県延岡市(学会発表)
  • 2月22日~3月3日 パナイ島(フィリピン)(魚類相調査)
  • 3月13日~16日 与論島(魚類相調査)
  • 4月21日~23日 宇治群島(魚類相調査)
  • 4月25日~30日 奄美大島(魚類相調査)
  • 4月30日~5月6日 喜界島(魚類相調査)
  • 5月7日~10日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 5月31日~6月3日 三重県和具(標本調査)
  • 6月23日~7月1日 小笠原諸島母島(魚類相調査)
  • 7月1日~11日 小笠原諸島父島(魚類相調査)
  • 7月21日~26日 奄美大島(魚類相調査)
  • 8月9日~20日 沖縄島(データ解析)
  • 8月27~28日 口之島(魚類相調査)
  • 9月4日~6日 奈良市(学会発表)
  • 9月15日~24日 与那国島(魚類相調査)
  • 9月27日~10月5日 クアラトレンガヌ・ビドォン島(マレーシア、マレー半島(魚類相調査))
  • 10月5日~13日 コタキナバル・クダット(マレーシア、ボルネオ島)(魚類相調査)
  • 10月15日~10月18日 上甑島(魚類相調査)
  • 11月15日~18日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 11月24日~29日 徳之島(魚類相調査)
  • 毎月1~3日 肝付町内之浦(魚類採集・魚類相調査)

2016年
  • 1月8~11日 広島県東広島市・庄原市(標本調査)
  • 2月29日~3月7日 高知市(標本調査)
  • 4月22日~4月25日 平島(魚類相調査)
  • 5月8日~5月15日 奄美大島、与路島、請島(魚類採集・魚類相調査)
  • 5月17日~6月3日 台北、澎湖、金門島、東港、小琉球(台湾)(学会発表、標本調査、魚類採集)
  • 6月14日~6月21日 上甑島・中甑島(魚類相調査)
  • 6月29日~7月6日 石垣島、与那国島(魚類採集・魚類相調査)
  • 7月6日~7月11日 沖縄島(データ解析・魚類採集)
  • 7月11日~7月17日 沖永良部島(魚類相調査)
  • 8月5日~8月9日 小値賀島(魚類採集)
  • 8月17日~8月24日 口永良部島(魚類相調査)
  • 9月23日~9月26日 岐阜市(学会発表)
  • 11月14日~11月17日 奄美大島(リュウキュウアユ調査)
  • 11月21日~11月23日 黒島(魚類相調査)
  • 12月5日~12月19日 沖縄島(データ解析)

2017年
  • 2月11日~13日 長崎県長崎市(学会発表)










inserted by FC2 system